風俗は何時も楽しめる

かなり興奮したのは彼女がパイパンだから

あれだけ風俗で興奮したのは、彼女がパイパンだからかもしれません。風俗で興奮するのは別に不思議ではないと思いますけど、あの興奮量は自分でも結構驚きだったんですよね。だって普通に驚くじゃないですか。自分でも正直、想像以上の興奮でした。風俗で遊ぶ前に、ある程度どんな興奮が待っているのかくらいは自分でも考えますけど、彼女がこちらに与えてくれた興奮と言うのは想像以上のものがありました。でもそれはきっと彼女が頑張ったとかではなくて、彼女がパイパンだったからなんじゃないかなと(笑)きれいなツルツルだったんですよ(笑)それに興奮しました。本来であればそこには黒いものがあるはずなんです。でも彼女にはそれがありませんでした。だから結構丸見えになりましたし、毛と言う防御癖がないから丸見えなだけじゃなく、攻めやすいのもありました(笑)だからか、彼女がかなり感じてくれたのもあって、その姿を見てこちらも興奮してしまったんですよね。

快感よりもプライドだと思いますね

風俗で遊ぶのは快感よりもむしろプライドの問題なのかなって思っています。快感であればそれこそ一人でも味わえるというか別に女の子の力を借りることもないじゃないですか(笑)それよりも「女の子に抜いてもらえる」というそのシチュエーションに興奮するんじゃないですかね。ましてや風俗の場合、女の子はこちらに対して尽くしてくれるんです。お客である以上当たり前とはいえ、日女生活ではまず有り得ないシチュエーションと言っても決して過言ではないものなだけに、やっぱり刺激的ですよね。それこそ、自分が風俗に求めているこそそのものなのかもしれないなって思うんですよね。むしろその気持ちを味わえるということそのものが、風俗の大きな魅力でもあるんじゃないのかなって。だから府で遊ぶ時に心がけているのはどれだけプライドを満たせるのかと言うことなんですよね。ちょっとしたことかもしれないんですけど、これは風俗だけでしか味わえないんです。