風俗は何時も楽しめる

初々しさとのギャップが良かった

透明感というか、初々しさですかね。フレッシュ感があったのもまだまだ彼女が新人風俗嬢だったからなの感も知れませんけど、でも裸に関してはかなり慣れていそうというか、まず乳首が濃かったんです。そこにかえってギャップを感じました。だって彼女の雰囲気からすれば、それはもう桜色の乳首だろうって思っていたんですけど実際には結構黒かったんです。顔に似合わないなと言うのが第一印象でしたしね(笑)でも別にいいんですよ。むしろそのギャップに感動を覚えたくらいですしね。それに風俗での時間なんです。どんなものであれ、こちらを楽しませてくれれればそれでいいじゃないですか。彼女は体に関してはベテランの風格がありましたけど、でも雰囲気は初々しいんです。そのギャップもまた、彼女の大きな魅力だったんじゃないのかなって思いますね(笑)それだけに、初々しさと、そして体の熟れ具合との両方を楽しむことが出来たんじゃないのかなって思いますね。

安さ、そして貴重な存在だからこそ

家、そして職場。さらにはその両者の沿線。そのどこにもピンサロはないんです。他の風俗ならあるんですけど、ピンサロだけはないんですよ。つまりは自分にとって、ピンサロは価値のある風俗なんですよ(笑)デリヘルとか、沿線沿いにある風俗はいつでも遊べるんです。デリヘルは言うまでもないとして、お店であれば途中で電車を降りて楽しめばよいんです。でもピンサロは自分の生活圏には見当たらないんですよね。だからこそ、じゃあどうするのかって言ったら遠征するしかないだけに、自分の中ではピンサロはただ単に安いだけではなく、貴重な存在だなって思っています。とりあえず遠征する前にはポータルサイトでどこにピンサロがあるのかをチェックしつつ、ピンサロのホームページをチェックしてはどんな子がいるのかや、料金体系やシステムなど、細かいことを見て遊ぶシミュレーションをしながら、ピンサロの時間に備えているんです。それくらい、気合を入れて楽しんでいます。