風俗は何時も楽しめる

休みの日の方がという気持ちがある

会社帰りの封もそれはそれで面白いんですけど、どうしても時間のこと、そして休前日ではない限り翌日のことまで考慮しなければならないじゃないですか。風俗を楽しむ時には頭の中は100%風俗一色にしたいんです。だから風俗で遊ぶ時には会社帰りよりも休みの日の方が性に合っていますね。それに夕方や昼間とか、仕事の時には絶対に遊べない時間帯に女の子と遊んでいると新鮮な気持ちになるんです。家で寝ている時以上に「充実した休日だな」とか「休日は最高だ」といった気持ちを味わうことが出来るんですよね(笑)そんな気持ちを味わえるというだけでも休日にこそ遊ぶべきかなって。少なくとも自分にはその方が合っているんじゃないのかなって。多少お客が多いとしても、時間に追われている訳ではないので待ち時間が長いとしても良いし、デリヘルなら別に拘束されるってこともないので、それが自分の中ではベストな選択肢なんじゃないのかなって思いますね。

断れる。それが魅力なのかもしれない

店舗の風俗とデリヘル。どちらもありがたいとは思いますけど、最近ではデリヘルに心が傾きつつあるんですよね。別に深い意味はないんです。ただ、デリヘルの方がお店の風俗よりもあらゆる面で楽じゃないですか。特に思ったのが断る時なんですよ(笑)デリヘルなら電話越しなので、面と向かって話している訳じゃないんです。ということは、あまり乗り気じゃないとか、ちょっと条件が合わないなって思たら「じゃあ検討しますんで」とでも言って電話を切れば良いんです。でもお店の風俗だと、入店してあれこれ話してから「今日はいいです」はちょっと言いづらい部分もありますよね(苦笑)それに、店頭でパネルを凝視するのは他のお客さんがいるとどうしても出来ないし、それにお店のスタッフからしても「ホームページで見てくれ」と思うでしょう(笑)デリヘルってそこら辺はすべてインターネットで出来るので、ある意味未来型と言うか、合理的な風俗だなって思いますよ。