風俗は何時も楽しめる

ロマン。その答えは風俗です

風俗こそ男のロマンそのものだと思うんですよね。まさにロマンに溢れているものだと思います。夢のような時間を過ごせるのは間違いないじゃないですか。それがやっぱり個人的には嬉しいしありがたい部分でもありますよね。特に風俗で思うのは、自分の気持ちに正直にってことなんです。自分の気持ちに対してどれだけ正直になれるのか。これはやっぱりとっても大切なことだと思うんですよ。むしろその気持ちを持つことこそが、自分自身が出来ることなんです。そして、女の子と向き合って、自分の気持ちをぶつけて楽しむ。しかも女の子は基本的にこちらのことを考えてくれているってことじゃないですか。これこそ、まさに男の理想そのものと言っても決して過言ではない世界が広がっているんじゃないかなって思うんですよね。だから自分もついつい男として、最高のロマンを楽しみたいって気持ちになって風俗に電話を掛けたり、お店まで足が向いてしまう時も多いんです。

だからこそ、風俗はピンサロかなと思った

なぜピンサロが好きなのかと言えば、自分の理想に何よりも忠実な点なんですよ。風俗に思い描いているものって、きっと人それぞれいろいろなものがあると思うんです。だから何が理想なのかは人それぞれ違って当然だと思うんですけど、自分の場合、やっぱりピンサロなんですよね。ピンサロって本当に楽しいし、何より手軽だし、それでいて女の子たちは毎回のようにお口で満足させなければならない以上、フェラの腕前は高いんです。それがいいですよね(笑)自分自身、風俗に求めているのはフェラなんです。女の子を攻めて感じさせて潮吹きでもとか、電マで思う存分攻めたいとかじゃないんです。女の子を攻めたいんじゃなくて、女の子に心行くまで攻めてもらいたいんですよ。それが出来るのはピンサロだけなんじゃないですかね(笑)だからこそ、自分の中でピンサロは理想に近いものがあるし、つい遊びたくなってしまうものなんじゃないかなって思っているんですよね。