風俗は何時も楽しめる

気持ちを高めてくれると実感した

風俗は快感だけがすべてではないんです。もちろん快感を求めているのは言うまでもありませんけど、それだけではないんですよ。最近気付いたんですけど、風俗で遊んだ後は自分自身、テンションが高いなと(笑)ストレス甲斐性になるのか、それとも気分がリセットされるからなのかはよく分からないんですけど、風俗に行って発散する前の段階ではどうしても何となく気持ちが乗らないなって思っているような時でも、風俗に行った後だと割といろいろなことを楽しめるなって思えるようになったんです。それこそ仕事でさえある程度前向きな気持ちになれるなって思えるようになってきたんですよ。いつもだったら全然気が乗らないような仕事でも、風俗の後だけはモチベーションも多少は高いんです(笑)これって結構重要というか、この事実に気付いてからは、自分の気持ちがあまり盛り上がっていない時にこそ、風俗に行くのがベストアンサーなんじゃないかなって分かったんです。

広い意味では接客なのかなと実感

どれだけ満足出来るのかは風俗嬢がどれだけのことをしてくれるのかですけど、それはつまり、接客業としての考え方でもありますよね。個別のマッサージとかもそうですけど、どれだけスペックや肩書が良いとしても、実際に何をしてくれるのかじゃないですか。マッサージでも、受賞歴だとか、どれくらい働いているとかじゃなく、実際に何をしてくれるのかです。風俗も出そうですよね。人気があるとかスタイルや顔が良いとかじゃなくて、自分にどれだけのことをしてくれるのか。これがとっても重要だと思うんですよね。だからこそ、風俗嬢の意識はとっても大切な問題だと思いますね。どれだけのことをしてくれるのかって、結局のところどれだけ女の子が責任感を持っているのかに直結している部分だと思うんですよ。お店がどれだけ教育したとしても、最終的にお客とどのように接するのかは本人次第じゃないですか。だから女の子がどれだけ「接客」という意識を持っているかですね。